コロナ休校で学力格差が不安すぎる!全国実力診断テストが無償提供スタート!

出典:https://www.benesse.co.jp/zemi/homestudy/shindan/index.html

小学校、中学校が長いこと休校になり、世のお母さん、お父さんは学力格差に不安を感じますよね…

少なからず私は中学3年の今度受験を控えている子どもがいるので、不安すぎてたまりません。

 

そんな不安を抱えていると、なんとあの進研ゼミさんが全国実力診断テストの無償実施とそれと連動した個別復習ドリルを無償で提供してくれるというニュースが飛び込んできました!

 

どんなサービスなのか、全て無料でできるのか?

そんなところも気になったので調べてみました。

 

まずはこの無償サービスはいつから始まるのか?どこで申し込めばいいのか?会員じゃないと受けれない?をまとめました。

 

進研ゼミ全国実力診断テスト(おうち模試)はいつから始まる?申し込み方法は?会員じゃないと受けれない?

開始時期

無償で受けることができる全国実力診断テストとそれに連動した個別ドリルの開始時期は、2020年5月20日(水曜日)からスタートしました。

 

申し込み方法

申し込み方法詳細はこちら

 

上記公式サイトから、テスト冊子を郵送で受け取るか自分で印刷するかの2択です。

郵送を申し込んだ場合、申し込み多数の場合は受付停止されたり郵送までに2〜3週間かかる場合もあるので、家にプリンタがあるおうちはPDFを印刷してテストを受けた方が早いです。

 

テストは時間をしっかり測って受けるのがポイントですよ!

テストを受け終わったら、6月8日からテストのWEB受付がスタートするので公式サイトからテストの写真を撮影して送ってください。

 

会員じゃなくても受けれるの?

今回のテストは非会員でも受けることができます!

ベネッセさんすごいですよね!

私は親としてベネッセさんに惚れました♡

 

今回の全国実力テストは会員向けに以前教材としてお届けしているものなんだとか。

太っ腹ですよね!

会員の方は、休校中の学習応援としてもう一度受けることができます。

繰り返し受けることで身につくこともあるので、ぜひもう一度チャレンジしてみてください。

 

無償の全国実力テストとドリルの提供サービス詳細

今回のサービスは、小学校1年生〜中学校3年生までを対象としています。

 

小学校1年生は自己採点となりますが、その他の学年は6月8日から採点受付が始まります。

忘れずに公式サイトから提出してくださいね。

 

テストの結果は、郵送またはWEBで届きます。

学年によって結果の返却方法が違うので注意してくださいね。

学年別返却方法

小学校5年生〜中学校3年生はWEB返却(提出後即時返却)

小学校2年生〜小学校4年生は郵送返却(提出後2〜3週間程度で返却)

 

全国実力テストは学年ごとに受ける教科が違います。

テストの教科

小学校1年生〜3年生:国語、算数

小学校4年生〜6年生:国語、算数、理科、社会

中学校1年生〜3年生:国語、数学、理科、社会、英語

 

 

学校から配布されているプリントの丸つけを親がやるのも大変ですよね!

また、親ではない別の人が丸つけをするというところも、うちの子には真面目にやる理由になっているようです。

無料で挑戦できるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

全国実力テストを受けるメリットとは?

全国で子どものレベル、今の位置がわかる

このテストの範囲は、昨年度1年分です。

休校期間中は昨年度の振り返り学習も多いですよね。

休校中に今までの学習がどのくらい身についているのか、全国でどのくらいのレベルなのかが判断できます。

うちは平均点以下でハラハラしちゃうタイプですが、それでもどのくらいの位置にいるのかを把握すると今後の学習計画にも反映できるので、今の位置を理解するのは大切だなと思います。

 

教科ごと、また単元ごとの苦手・得意なところがわかる

子どもが苦手なところって一緒にやっていると、なんとなくはわかると思いますが、わかったところで反復練習くらいしか思いつきません。

客観的に得意なところ、苦手なところがわかり、さらに今後の学習はどう進めたらいいのかというアドバイスも付いてきます。

 

具体的にどんな風に学習をすればいいのかわかれば、学習計画も立てやすいですよね。

 

個別復習ドリルがもらえるから苦手なところを克服できる

テスト受けるだけじゃそこまでメリットって感じませんが、この苦手なところを克服できるドリルがあるってところが一番のポイントだなと思っています。

 

休校中の今のうちに、個別学習アドバイスと苦手克服ドリルでしっかり復習して新学期に備えましょうね。

 

最後に

うちの中学3年の長男は、進研ゼミ中学講座会員です。

次男にも進研ゼミを申し込もうと確か5月はじめに公式サイトを見たら…

なんとタブレット学習のタブレットの生産が追いつかず紙の教材だけしか申し込めなかったんです。

なので、申し込みはやめて学校の宿題をやっていましたが、この全国実力テストのことを知り、ラッキー!!と思いました^^

 

進研ゼミを申し込んだところで続くのかといったら、それはそれは無理っぽいと自信満々に言っていたので、お試し的にもやってみる価値は十分にあります。

 

自宅学習は子どももなかなか集中してできなかったり、うちの子のようにサボったり…

頭を悩ませることが多いですが、学習支援をうまく使いこなして乗り越えましょうね!

 

 

勉強不足が心配なら

中学生はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA