天気予報のお姉さんと気象予報士に違いはあるの?資格は必要?

 

テレビで毎日見る天気予報のお姉さんと気象予報士。

憧れる子どももきっと多いですよね!

 

でも天気予報のキャスターと気象予報士の違いを

はっきり答えられる方は少ないのでは!?

 

そこで今回は天気予報の

キャスターと気象予報士に興味のある

あなたのために二つの職業について詳しくご紹介致しますね!

 

「天気予報のお姉さんと気象予報士の違いは?」

「必要な資格はなんだろう?」

「将来の夢を叶えるためにはどんな進路がある?」

このような疑問をスッキリ解決しましょう!

 

 

天気予報のお姉さんと気象予報士は何が違うの?

天気予報のお姉さんと気象予報士はどちらも同じように

テレビでお天気の解説をしていますよね!

 

では、この二つの職業の違いとは・・・?

一番の大きな違いは「資格」だと言えるでしょう。

 

まずは気象予報士について詳しくご紹介します。

 

気象予報士とは国家資格である気象予報士試験に

合格した人のことを言います。

 

気象予報士の仕事は様々なデータを基に天気を予報することで、

テレビ等で活躍する人はその中のほんの一部なんですよ。

主に気象庁や民間企業で働いている方がほとんどです。

 

次に、天気予報のお姉さんについて詳しくご紹介します。

テレビのニュース番組や朝の情報番組のお天気コーナーに

登場する天気予報のキャスターは基本的に国家資格は必要ありません。

 

天気予報キャスターの仕事は気象予報士が分析し、予測した

天気予報の原稿を読み上げる事です。

 

最近ではタレントやモデル、

現役大学生など幅広い方が活躍されています。

 

このように気象予報士と天気予報のキャスターとは

資格の有無や仕事内容が大きく違うのがわかりますね!

 

最近では気象予報士の資格を持った

天気予報のキャスターの方もいらっしゃるみたいですよ^^

 

なるために必要なことは?

気象予報士と天気予報のキャスター、

二つの職業の違いを理解したところで

この職業に就くにはどんな勉強をしたら良いのか?

ご紹介しますね!

 

まずは気象予報士になるには・・・

 

先ほどお伝えした通り、

気象予報士の国家資格が必要になります。

 

こちらの資格は年二回行われていて、

年齢や性別の制限はありません。

 

学科と実技があり、学科に通った人のみ

実技を受けることになります。

 

この試験は難易度が非常に高く

例年の合格率は5%前後となっています。

目指すには相当な努力が必要になるでしょう。

 

次に天気予報のキャスターになるには・・・

天気予報のキャスターの方は毎日の顔になります。

 

比較的綺麗な顔立ちで、見ていて元気をもらえるような

明るい方が多い印象ですよね。

 

仕事内容もただ原稿を読み上げるだけでなく、

生放送の中での臨機応変な対応力やトーク力も必要になります。

 

そのため、天気予報のキャスターになる方法としては

・アナウンサーを目指す

・気象予報士の資格を取る

・モデルやタレント等の事務所に入る

この3つが挙げられます。

 

どれも簡単ではありませんが、

天気予報のキャスターになる近道であると言えますね!

 

二つの職業について少しでもわかってもらえましたか?

普段何気なくテレビで見る二つの職業ですが、

何事にも興味を持って知ることは大切なことですよね。

 

ぜひこちらを参考に、将来のためにどんな進路に進みたいか

ゆっくり考えてくださいね^^

 

まとめ

最近は異常気象も多く、毎日テレビでチェックする天気予報。

気象予報士の方の詳しい説明にも

天気予報のキャスターの笑顔にも憧れる気持ちわかります!

 

興味のあることはぜひ色々知ってゆっくり進路を考えてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA