気象予報士試験は独学でも一発合格できる?合格率とおすすめ勉強法

 

 

お天気キャスターとは違い、

実際に天気予報をする側である気象予報士。

 

将来の不確かな天気を予報するという

専門性の高い気象予報士になるためには、

国家資格を取ることが必須です。

 

気象予報士は災害対策や経済などにも

かかわることが出来る、大変重要な役割があります。

 

この資格があることで就職に役立つだけではなく、

将来独立することや開業することも可能になってくるでしょう。

 

モチベーションを保つのも大変ですし、

もし独学で一発合格することが出来るなら、

ぜひ挑戦してみたいところです。

 

はたして、気象予報士試験は独学で

一発合格することは可能なのでしょうか。

 

気象予報士試験の難易度は?独学でも合格できる?

 気象予報士試験には受験資格の制限というのが一切ありません。

 性別も年齢も、国籍も問わずに受けることが出来る国家資格なのです。

 

しかし、この試験は超難関といわれており、

合格率は毎年たったの4~5パーセントほどしかありません。

 

合格率がこれほど低い理由は、受験者の年齢層が高く、

一発合格を狙う受験者が少ないことが原因といわれています。

 

では、独学で一発合格することは難しいのでしょうか。

 

簡単なことではありませんが、

十分に準備して試験に臨めば、

独学であっても一発合格をすることは可能ではあります。

 

 

気象予報士試験に合格するためのおすすめ勉強法

学科試験は一般知識と専門知識の2種類があり、

実技試験もあります。

 

独学で気象予報士試験に合格したい場合、

1500時間は勉強時間を取りましょう。

 

また、独学で勉強をする場合、

参考書や過去問をひたすら解いていくことが

メインになるのですが、重大な落とし穴があるんです。

 

それは、過去問にはない問題を出題する傾向があったり、

一般的に入手することが難しい資料が出題されることがあるということです。

 

また、気象観測は年々進歩していくため、

過去問の正解が現在の正解とは限らないといったこともあります。

 

気象庁のホームページや、実際に解説をされている

気象予報士が出ているニュースなどを参考にすると、

新しい知識を得られておすすめです。

 

いずれの試験も過去問をただ解いていくだけではなく、

理解を深めることが大切だといえます。

 

学科試験は一般知識、専門知識どちらも

15問中11問正解しなければならず、

実技試験の合格ラインは70点です。

 

満点ではなく、この合格ラインの点数を

確実に取れるような勉強をすることがカギになります。

 

また、筆記試験で悩んでしまうと

時間が足りなくなってしまいます。

 

日本だけではなく中国などの地名や地方、

海域や川の名前や場所、そして天気の流れを

頭にしっかり叩き込んでおくことも大切です。

 

まとめ

東大に合格するよりも難しいといわれる気象予報士試験。

 

ですが理解を深め、十分に準備をすれば、

独学でも一発合格することも夢ではありません。

 

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA