コーヒーを入れた水筒の匂いが取れない!捨てる前に試してほしい撃退法!

お出かけにの時に、マイボトルを持っていく人が増えてますよね。

お仕事、レジャーと様々な場面で大活躍。

我が家でも、夏は冷たい飲み物、冬は温かい飲み物に

魔法瓶タイプの水筒を利用しています。

そんな便利な水筒から、嫌な匂いがする!って

経験ありませんか?

特に、コーヒーなどの香りの強い飲み物を入れていると、

水筒からコーヒー臭さが取れなくなることが。

愛用の水筒は、きれいに長く使いたいですよね。

匂いが取れないし、仕方ないから買い替えか~って

あきらめないで!

そのコーヒーの匂いは消せる可能性が!!

 

コーヒーを毎日淹れ続けた水筒本体の匂い取り方法

コーヒーの匂いは意外と消えにくくて、やっかいですよね。

あんなに美味しいのに、なぜ水筒に付いたコーヒーの匂いは

いや~な気持ちになるのか。

匂いのない水筒にリセットしたいですよね。

今回は私のおすすめ方法を3つご紹介します。

 

・重曹とクエン酸で発泡させて消臭

コーヒーの匂い取りには、混ぜて発泡消臭がおすすめ。

水筒に重曹大さじ1~2、クエン酸大さじ1と

50度位のお湯を入れて、しっかり蓋をして振る。

蓋を外して(重要!)一晩放置して、よくすすぐ。

(注:茶渋を落としたいときは重曹だけで使用)

重曹とクエン酸は食用のもを利用しましょう。

 

・酸素系漂白剤で漂白、除菌、消臭

個人的にはこれが1番おすすめ。

水筒に酸素系漂白剤スプーン1杯と40度位のぬるま湯を

入れて、1時間ほど放置。このとき蓋は絶対しないでね。

蓋やパッキンも外して、ボウルなどに入れて同じく漂白すると

いいですよ。すすぐ時は軽くスポンジでこすると

茶渋などの汚れもしっかり落ちます。

うちではこれで、茶渋も匂いもすっきり取れてます。

塩素系漂白剤(ハイター等)はステンレスを錆びさせるので

水筒には使用しないでくださいね。

 

・お酢で消臭

重曹もクエン酸も酸素系漂白剤も家にない!ってときには

お酢を試してみてはどうでしょう。

水筒にお湯とお酢大さじ2杯位を入れ、一晩放置してすすぐだけ。

匂いの強いときは、お酢の量を増やしてみてください。

 

普段から、底まで洗える柄のついたスポンジ等と食器用洗剤で

しっかり洗うことが大前提。それでも、匂いはついてくるので

その時は上記の方法を試してみてくださいね。

タワシや研磨剤(クレンザー等)で磨くのは避けましょう。

細かな傷ができて、ますます茶渋や匂いが

付きやすくなっちゃうので、気を付けて!

 

本体だけじゃない!水筒のパッキンも匂う!掃除方法は?

本体の匂いは取れたのに、まだ何故か匂う。

それはパッキンにカビが発生してるかも!?

水分が残りやすい場所なので、カビが生えやすいんです。

そのため、毎回分解して洗って、乾かすことが大切なんですね。

それでも汚れが付着してきたら、酸素系漂白剤で付け置きを。

コーヒーの臭い取りでも紹介しましたが、

40度くらいのお湯に酸素系漂白剤を溶かし、1~2時間放置。

その後、スポンジでこすり洗いしてすすいでください。

これでずいぶんキレイになるはず。

それでもダメなら、パッキンの交換を検討して!

そもそもパッキンは消耗品なので、メーカーも1年程度で交換を

推奨しています。説明書や、メーカーホームページで

専用のパッキンを確認して、水筒を購入したお店や

ホームセンターで購入するのがいいですよ(送料かからないので)

300円程度で買えると思います。

 

水筒は使うたびに、しっかり洗って乾かすことが大切です。

でも、やっぱり少しづつ匂いや汚れが溜まってしまったら、

今回紹介した方法を試してみてね。

キレイな水筒で美味しいコーヒーを楽しみましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA