秋のおでんは常温保存で大丈夫?おいしく長く食べるコツはコレ!

 

今年の季節は進みが遅いといわれているけれど、肌寒い日が増えてきましたね。

 

寒くなってくると、やっぱり温かいものが食べたくなりませんか?

 

温かいものといえば、そうです、おでんです!

 

コンビニのおでんもいいけど、お家で作ったおでんは本当においしいです。

 

味がよくしみた、だいこんやたまごを想像するだけでもうたまりません。

 

私の家では、おでんをそのままコンロで常温保存していたりしましたが、たまに思うんです。

 

この気温の変化が大きい秋、常温保存で本当に大丈夫なのかと・・・

 

今回は、この秋の時期におでんを常温保存するための条件と、おいしく長く食べるためのコツをご紹介します。

 

おでんを常温保存してもいい条件3つ!

 

夏場は絶対にダメですが、秋冬の季節であれば、おでんの常温保存をすることは可能です。

 

ですが、きちんと条件を守らないと、秋冬の季節でもすぐに腐ってしまうこともあります。

 

では、どうしたら常温保存してもよいのでしょうか。

 

・1日1回は必ず火を通すこと

 

どの季節であっても、どの保存状態でも、1日1回以上は火を通した方がよいです。

 

多くの雑菌は60~90度以上で死滅するため、火を通すことは、おでんを長持ちさせること、健康を守ること、どちらの点からもおすすめです。

 

・なるべく外気にさらさない

 

外気には様々な菌が飛んでいます。

 

空中に浮いている菌がおでんについてしまい、腐りやすくなってしまうんです。

お鍋ならばふたをする、ラップを張るなど、あまり外気に触れないように気を付けましょう。

 

・温度と湿度に気をつける

 

例えば、秋冬で寒い時間帯には、暖房をつけますよね。

 

暖房の適温、20度になると、お鍋の温度も上がり、菌が繁殖しやすくなるんです。

 

食中毒の菌は25度、カビなどは20度から発生しやすくなってきます。

 

そして、菌は多湿を好むので、出汁がたっぷりのおでんは、条件がそろえば菌の温床になってしまいます。

 

高温多湿には、十分注意をしてください。

 

オススメの保存方法!しみしみのおいしいおでんを食べよう!

 

いかがでしたか?

 

おでんの常温保存は出来るのですが、おすすめは冷蔵保存です。

 

おでんが完成したら、粗熱を取り、鍋ごともしくはタッパーや保存袋へ小分けにして、冷蔵庫に入れましょう。

 

だし汁と具を別々に保存すると、味のしみすぎを防ぐことが出来ます。

 

また、冷蔵保存をしたとしても、1日1回は火を通すことで、長くて7日ほどはおいしくおでんが食べられます。

 

冷凍保存もできなくはないのですが、する場合はこんにゃく、たまご、じゃがいもなど、冷凍保存に向かない食品もあるので注意してください。

 

保存方法には十分に気を付けて、味がしみしみのおいしいおでんを安全に食べましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA