母でありデザイナーであり

主婦とデザイナーを必死に頑張る日々のこと

おでかけ ペット ライフスタイル 子ども

ペットと一緒に家族と行く、初めてのキャンプ in 那須

キャンプ

夏休みも7月が終わろうとしています。

今年は長男が小学校最後の夏休みということで、どんどんお出かけしようというのが我が家のテーマ。

ということで、アウトドアの大好きな友だち家族に誘ってもらったことがきっかけで、インドアな我が家も思い切って初めてのキャンプに挑戦することにしました。

 

思っていたよりテントの張り方も難しくなかったし、楽しくてアッという間に時間が過ぎてしまった。

犬も一緒に連れて行ったので、準備しておいて良かったもの、あれがあれば良かったなーというものもまとめておきたいと思います。

キャンプ場

今回、犬も連れて行くので、ペットOKなキャンプ場をセレクトしました。

ベテランのキャンパーにいくつか候補を決めてもい、最終的に3か所に絞ってもらいました。

  1. 塩原グリーンビレッジ
  2. メープル那須高原キャンプグランド
  3. ファミリーパーク那須高原

ここから「塩原グリーンビレッジ」に決めました。

この3か所はどれも口コミ評価が高く、決めるに決められない感じで悩んだぞー。

その中で、決めるに至ったことは以下。

  • 犬用のお風呂がある
  • 魚のつかみ取り
  • 釣り堀

ですが、ちょうど水不足で魚のつかみ取りと釣り堀はお休みになってしまいました。

残念ですが、こればかりは仕方ないですね。

当日はあいにくの雨で近くの清流にも行けなかったなー、行きたかったなー。

サイト料は7,000円ちょっとでした。

塩原グリーンビレッジ

初めてのキャンプならではの悩み

今後もキャンプに行くんだ!ってお家は悩む必要はないと思いますが、うちの場合は今後キャンプへ行くかわからないから寝具など代用できるもので済ませたい。という思いがありました。

購入して無駄にしたくはないですからね。

なので、キャンプのためにキャンプ用品は揃えず、以下のようにやってみました。

 

テント

これはレンタルで良い。

1回目はレンタルして、今後も行きたいと思った時は購入を検討する。

これでいいと思います。

塩原グリーンビレッジでは4〜5人用のテント(銀マット2枚付き)をレンタルしました。

金額は3,090円。

 

銀マットも付いているので、自分で準備したのはグランドシートというテントの下に敷くもの。

家にあるブルーシートでいいよって友だちは言っていましたが、テント4〜5人用の大きさのブルーシートは持っていなかったので購入しました。

庭でプールやるときに使えそうだしねってことで、「コーヨー レジャーマット テントグランドシート」2.88m×2.88mのシートを買いました。

 

テントって建てるまですっごく難しそうなイメージでしたが、ベテランの人にレクチャーしてもらうとあっという間に組み立てられました。

子どもたちもタープ設営、ペグを打ち込むお手伝いをしてくれたので、テント2つ、タープ、スクリーンタープを1時間くらいでできました。

今回、雨予報だったのでガスや食材置きのキッチン用にスクリーンタープを使うって言っていました。

普段はタープ1つだけでいいみたいです。

 

照明

ランタン、持ってない我が家は、とりあえずテントの中用に懐中電灯があればいいよって教えてもらったので、以前購入しておいた置き型の懐中電灯を1つ持って行きました。

夜、トイレに行くときにiPhoneのライトで十分でしたが、今回は雨だったので水没にビビりながら使っていました。

手持ち用に小さいのが1つあると良かったなって思います。

 

今回はお友だちのランタンがあったので1つだけで足りましたが、うちだけでキャンプに行くってなったら3つくらいは必要になりそうですね。

 

寝具

シュラフは買ったとして、この先キャンプに行かなかったら無駄になってしまう。

なので、ここは家にあるもので代用。

  • 子どもの二段ベッド用のマットレス(ニトリ)
  • シングル毛布1枚
  • 薄手フリースシングル毛布1枚
  • 厚手のレジャーシート1枚
  • タオルケット4枚(ダブルサイズ1枚、シングルサイズ2枚、子どもサイズ1枚)
  • バスタオル10枚くらい

これで問題なしでした。

天候は雨で7月末。

那須の山ってこともあり、肌寒い。

テント内の銀マット(銀マットと言ってもColemanのフォールディングテントマットというもの)の上に、ニトリのマットレス、もう半分に厚手のレジャーシートを敷いてバスタオルを敷き詰める。こんな感じでいけました。

寒い人は毛布、私はタオルケットで大丈夫でした。

 

晴れたら毛布なしでもいけるかもしれません。

朝、日が昇ってからはテントの中も暖かくなっていました。

 

スポンサーリンク

[ad#co-1]

虫対策

子どもは本当に虫に狙われる。

普段でも寝室に1匹でも蚊がいたらもう大変。

朝起きると10か所くらい点々と刺されとる。

 

キャンプといえば虫多い。っていう頭があったので、犬にも配慮した虫除けと虫退治をしたいと思い、持って行ったのは以下のアイテムです。

犬用

アース・バイオケミカル ペット用 アース渦巻 AC大型13H 52巻函 皿付き(テント入口外に置いておきました)

ペッツルート 虫よけエリア スマイル S ヒマワリ

 

子ども用

IHADA アウトドアスクリーン

 

今回、このセットで家族はみんな蚊に刺されず無事帰還しました。

キャンプ場は蚊よりアブが多かったように思います。

 

 

ごはん

夜はバーベキュー、朝はホットサンドとスープというメニューでした。

バーベキューセットはお友だちのお家が持っているので、100%甘えました。

前日に食材の買い出しをしたくらいです。

 

  • 肉(牛・豚・鶏)
  • 焼きそば
  • コンビーフ&コーン
  • タコス
  • スモーク(かまぼこ・ちくわ・チーズ・ウインナー)
  • 串焼き
  • ホイル焼き
  • ジャガイモ(ホイルで焼いて炭の中に放り込む)
  • 焼きマシュマロ

 

  • ホットサンド(たまごver、ツナver)
  • ホットドッグ
  • コーンスープ
  • コーヒー

やっぱり大自然の中で食べるごはんは格別です!

何倍も美味しい!

そしてお友だちすごい!道具も充実しているし、いろいろと教えてもらえてただただ感謝です。

 

ゴミの処理

ゴミは、キャンプ場が受け入れてくれました。

出し方はきちんと分別して、透明か半透明の袋に入れて出すこと。

各キャンプ場によって変わると思いますので、事前に調べておくと現地で袋を買わなくていいのでいいと思いますよ。

 

分別は、可燃・生ゴミ・ビン・缶・ペットボトル。

ペットボトルなど、中を洗って出すといいです。

 

お風呂

塩原グリーンビレッジは、無料のお風呂と有料のお風呂があります。

無料の方は、石鹸は使えないので石鹸を使う場合は、有料のお風呂へ行きましょう。

シャンプーなども有料の方は置いてあったので、男性だったら薄手のタオルくらいあれば良さげです。

有料の方は福の湯といって野天風呂もありすっごい気持ちよかったですよ。

貸切風呂とペットの温泉もあるので、状況に応じて選ぶといいですね。

 

ペットとキャンプ

人間も初めてのキャンプってこともあり、犬を連れて行くべきか悩んだけど、やっぱり家族。一緒がいい!

今回、雨で自由も利かない状況だったので、あれかっとけば良かったなーってものがありました。

逆に初めて使った犬用蚊取り線香も、煙も少なく匂いも昔人間用に使っていた蚊取り線香より少ない気がして意外と良かったなと思いました。

 

持って行って良かったもの

  • 犬用蚊取り線香

煙も少ない。匂いもそこまで強くないのでいい。

  • スパイラルペグ&ロングリード

テントの設営時やお料理の準備など、車の中やテントの中で待たせるとなると姿も見えず心配だったので、持って行って良かったです。

買っておけば良かったなーって思ったもの

  • ドッグコット

リードで繋いでいる時に、レジャーシートとマットを置いておいたのですが、落ち着いてくれなかったので高いけど買えば良かったなーって思いました。

今回は、人間用のチェアに乗せたら落ち着いていましたが、私の椅子がなくなりました。。

自作でもできるみたいなので、今度作ってみるのもありかもーって思っています。

  • トイレシートを固定するやつ

トイレシートだけ置いておくと、すぐにぐっちゃぐちゃ。

直してもまたすぐぐっちゃぐちゃ。

シートの角を固定するだけのやつを買っておけば良かったと思いました。

 

まとめ

初めてのキャンプは慣れている人と行くともっと楽しい!

テントはやっぱりメンテナンスも必要だということで、我が家は今後もレンタル派。

タープは買おうと思う。

今度は天気のいい日がいいなー。

雨でもキャンセルする人は少ないらしい。

子どもになるべくお手伝いをしてもらう。

ペットと一緒に行く場合は、楽しく快適に過ごしたいので準備は万端にする。

 

 

-おでかけ, ペット, ライフスタイル, 子ども